Top >  更年期障害の症状とホルモン >  更年期障害とホルモン

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン

更年期障害に関係するホルモンは、いくつかの種類があります。
エストロゲンとは、女性ホルモンのひとつで卵胞ホルモンとも呼ばれています。これは、排卵の準備をし、通常月経前から排卵前にかけて分泌が高まります。
しかし、40歳代半ばから急激に減少傾向となり、更年期障害の症状の原因となります。
黄体形成ホルモン(LH)とは、性腺刺激ホルモン産生細胞から分泌されるホルモンです。このホルモンは、卵巣内で成熟した卵胞が排卵を起こし、黄体を形成するものです。

卵胞刺激ホルモン(FSH)というホルモンもあります。これは、卵巣内で卵胞の発育や成熟、卵胞ホルモンの生産や分泌を行います。また、精巣内では、精子の形成を促進するものとして重要です。

他にも、更年期障害に関係するホルモンとして、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)というホルモンがあります。これは、下垂体ホルモンの分泌を支配して、視床下部から分泌されるもので、生殖腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)を放出するホルモンです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期にうつ病になったら  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモンバランス1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。