Top >  若年性更年期障害について >  若年性更年期障害について2

スポンサードリンク

若年性更年期障害について2

若年性の更年期障害の疑いがある現象としては、更年期の時期を迎える前なのに、更年期障害と同様の症状が現れることです。たとえば、骨粗鬆症や生殖器の萎縮・性交痛などの症状がみられる場合などは、関係医療機関で検査することをおすすめします。
これらの諸症状は、卵巣機能低下症から症状が進んでしまい、早発閉経になった状態であることが疑われます。早発閉経とは、一般の更年期より若い43歳未満で閉経を迎えた状態を指し、卵巣に卵胞が残存していない状態であると確認されると「早発閉経」であると診断されるそうです。
早発閉経の原因としては、卵巣機能低下症による場合や、先天的な染色体異常による場合などが挙げられます。早発閉経の場合は若年性更年期障害を引き起こすリスクが高くなります。そのため、更年期障害同様の治療や改善策が必要となっていきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 若年性更年期障害について1  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害について3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。