Top >  若年性更年期障害について >  若年性更年期障害について6

スポンサードリンク

若年性更年期障害について6

若年性更年期障害では、ほとんどの場合卵巣の機能自体には問題がありません。
若年性更年期障害の原因は、卵巣の機能自体に問題がない場合、ストレスだと考えられます。
では、若年性更年期障害の予防や改善は、ストレスそのもの以外どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

まず、食事に工夫することが若年性更年期障害の予防と改善には大切です。
例えば、ホルモンバランスの調整や、ホルモンの分泌に関与する自律神経のコントロールに効果的だと言われているビタミンEは、効果はそれだけではなく、末梢神経の血流をよくする作用もあるので、多くの血液が集まる子宮にとって、特に大切な栄養素です。ストレスのせいで弱りぎみの自律神経や血流の働きを正常にするため、青魚やナッツ類、さつまいもなどビタミンEの多く含まれた食材を多く食事に取り入れましょう。普段摂っている食事からも、若年性更年期障害の予防と改善をすることができるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 若年性更年期障害について5  |  トップページ  |  次の記事 更年期と体の変化  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。