Top >  若年性更年期障害について >  若年性更年期障害について9

スポンサードリンク

若年性更年期障害について9

更年期障害の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れることだと言われています。
若年性更年期障害の場合も、エストロゲンの分泌量の減少が原因であることは変わらないのですが、若年性更年期障害の場合は、通常の更年期障害とはエストロゲンの減少する仕組みが若干違っています。

それは、通常の更年期障害の場合は、脳からエストロゲンを出すための指令が出ても、卵巣が衰えの問題が元となり、エストロゲンをうまく出すことができません。これに対して、若年性更年期障害の場合は、ストレスなどの影響から、エストロゲンを出すための指令が、脳から出なくなっているために卵巣が働けなくなるために、エストロゲンが減少してしまうのです。
若年性更年期障害の場合は、卵巣の機能自体に問題があるわけではなく、卵巣がうまく機能できない状態に陥っているという状況が、通常の更年期障害との大きな違いです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 若年性更年期障害について8  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と生活習慣  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。