Top >  若年性更年期障害について >  若年性更年期障害について1

スポンサードリンク

若年性更年期障害について1

更年期障害は、中高年の女性や男性にのみ、現れる症状ではないのです。実は若年性更年期障害とよばれているものもあるのです。
更年期障害が起こるのは、女性の閉経が近づくことによりエストロゲンが不足し始め、それによってホルモンのアンバランスになり、そのために自律神経の働きが乱れるためではないかと言われています。
日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後で、その前後10年ぐらいを一般的に更年期と呼んでいる時期です。また、更年期障害が起こりやすいのもこの時期です。

ところが、最近では、生理が不順になったり、月経がとまってしまったりという、更年期障害と同じような症状を訴える、まだ20代、30代の若い女性が増えてきているのです。
このような症状を若年性更年期障害と呼んでいます。若年性更年期障害の原因は、過度のダイエットやストレス、不規則な生活や偏った食生活などで起こるのではないかと考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期のホルモンバランス2  |  トップページ  |  次の記事 若年性更年期障害について2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「更年期障害の症状」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。